×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


青い文学シリーズ 第11話「蜘蛛の糸」
青い文学シリーズ 第12話「地獄変」


 原作は「芥川龍之介」。キャラクター原案は「久保帯人」。

 蜘蛛の糸はカンダタが殺されるまでがやけに長いなと思いながら視聴していたのですが、次の地獄変を見て納得しました。舞台を同じにして、腐敗した国の様子を見せるためという意図があってのことだったんですね。

 両作品とも、一話で纏めるために少々説明不足なところもありましたが、原作未読の方でもわかるように要点は押さえられていたと思います。特に地獄変は大分端折っている割には、わかりやすく纏められていました。

 蜘蛛の糸も地獄変も“地獄”の描写が秀逸でした。まぁ、地獄の描写に力を入れずしてどこに力を入れるんだという作品ですからね。当然と言えば当然です。


 しかし何故、芥川作品をラストに持ってきたのでしょうね?
 走れメロスを最後のエピソードにしておけば、清々しく終われたような気がするのですが……
 不満という程ではありませんが、何と言いますか、無情感が残りますね。

































<タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>