×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ストライクウィッチーズ2 第04話「かたい、はやい、ものすご〜い」


 ストライクウィッチーズ2 第04話「かたい、はやい、ものすご〜い」の感想です。

 アバンから乳揺れですか、そうですか。まぁ、何も言うまい。
 シャーゲル回とか、胸が熱くなるな。
 
 今回のメインはシャーリーとバルクホルンの大尉コンビ。 
 カールスラントから送られてきた試作兵器「ジェットストライカー」のテストを買って出るバルクホルン。シャーリーを相手にストライカーの性能勝負をすることに。
 赤く塗られた試作機キタ――(゚∀゚)――!! という訳でジェットストライカーですが、赤いカラーリングの時点でチート性能なのが容易に想像できますね。
 あと、この段階で既に致命的な欠陥があるんだろうなぁ……と、大半の人が思ったに違いありません。

 上昇性能、搭載量、そしてスピードでシャーリーを圧倒するバルクホルン+ジェットストライカー。
 重武装しているバルクホルンの姿がどう見てもデンドロビウムなのは置いといて。
 皆で食事を摂っているシーンで、バルクホルンが死ぬんじゃないかと思うぐらいにやつれていましたね。案の定、テスト中に魔力が切れて海に墜落。ジェットストライカーは使用禁止という流れに。
 
 墜落してなおジェットストライカーに固執するバルクホルン。
 非常にシリアスな場面なのですが、予告にあった片腕懸垂と、エーリカ側の部屋のあまりの汚さのせいで、思わず笑ってしまいました。
 このシーンはエーリカの見せ方が上手でしたね。さりげない描写ながら、相棒であるバルクホルンのことを気遣っている様子が良く出ていたと思います。
 
 ネウロイに苦戦するシャーリーを助けるために、命令違反を犯してジェットストライカーで出撃するバルクホルン。
 お約束ながら燃える展開――ネウロイ撃破後、暴走したジェットストライカーをシャーリーが止める流れも含めて実に王道で素晴らしかったですね。
 そしてあのオチ。宮藤だけじゃなくお姉ちゃん、お前もかww

 今回はシャーゲル、ジェットストライカー、エーリカの双子の妹のウルスラ登場と、最初から最後まで濃い内容でした。
 まだスポットライトの当たっていないキャラクターがいるだけに、今後にも期待が持てそうです。
 
 次回はサブタイトルから見るに、ルッキーニがメインのようですね。




<第05話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>