×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ストライクウィッチーズ2 第12話「天空より永遠に」


 ストライクウィッチーズ2 第12話「天空より永遠に」の感想です。

 最後の烈風斬は俺自身が烈風丸になることだ(ry
 「三期はどうした?」「ベントされた」「いつ戻る?」「BD/DVDが売れれば」

 停止した魔導ダイナモを再起動させるべく、単身大和へと乗り込む坂本さん。
 坂本さんが戦闘でぱっとしなかったのは、ここで魔法力を残しておくためですか。成る程。
 大和を再起動させてネウロイの巣を破壊するシーンは圧巻でしたね。尺の関係でこれで終わりじゃないとわかっていながらも、おおっ!と歓声を上げたくなるような迫力でした。

 ネウロイの巣を破壊し、これで終わったと皆が安堵したところに真打登場。
 「やったか?」→「やってない」は様式美なので置いといて。最後の敵は坂本さんを取り込んだ超巨大コアという、STGの最終ボスのようなネウロイでした。
 ネウロイのビームとウィッチのシールドが合わさって最強に見える。

 坂本さんを救出するべく再び出撃する芳佳。他の隊員達も彼女に続きます。
 魔法力が切れているのにどうして飛べるんだ?という疑問が浮かぶシーンなのですが、そこは“ウィッチに不可能はない!”なんでしょうね。
 オープニングのアレンジバージョンが掛かってからは全員で主人公の道を切り開くという、最終回のお約束とでも言うべき流れ。
 前回見られなかったペリーヌのトネールが見れて満足。同じ攻撃系の天使やルッキーニに比べて地味だったような気がしないでもありませんが……まぁ、気のせいでしょう。

 大和の艦板に刺さった烈風丸を引き抜き、自身のすべての魔法力を犠牲にしての真・烈風斬でネウロイのコアを破壊する芳佳。
 これはさすがに予想外でしたね。“一撃にすべてを懸ける”という展開は大好きですし、実際に視聴していて胸が熱くなったのですが……芳佳がもう二度と飛べないと考えると、言葉に言い表せない寂しさを感じてしまいますね。

 ヴェネツィア上空のネウロイの巣を破壊して501は解散。
 芳佳以外のその後を描かなかったのは、三期があるという希望を残しておくためでしょうか? アニメで504の面々の姿を見られたのは素直に嬉しかったですね。フェルナンディアの喋り方が田舎者っぽいなと思ってしまったのは内緒です。
 
 これでストライクウィッチーズ2は終了。全体的な感想としては、1期の焼き直し的な回が多かったのが微妙ですが、それでも第04話、第06話、第07話など1期以上に楽しめた回もあったので、素直に面白いと言える作品だったと思います
 数多くの謎を放置したことに関しては、三期があるかもしれないということにしておきましょう。



 <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>