×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第08話「凶鳥の眷属」


 スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第08話「凶鳥の眷属」の感想です。

 ジガンの大きさに笑ってしまった
 エクスバインかぁ……
 
 各地にある地球連邦の軍事施設へと襲来する謎の敵。
 インスペクターの皆さんがついに登場。とは言っても現状では正体不明の敵という扱いですね。
 それにしても地球連邦の皆さんの使えないこと使えないこと。北米基地をあっさりと放棄するケネス少将には失笑するより他ありませんでした。

 場面変わって、月のマオ・インダストリー。ヒュッケバインの引き渡しを要求する正体不明の敵に対し、社長のリン・マオはリョウトとラーダに機体と一緒に脱出するように指示する。
 リューネとヴァルシオーネが登場。ヴァルシオーネのデザインは他の機体と並ぶともの凄く浮くような……単体のデザインは良いんですけどね。ぶっちゃけ、中の人よりも可愛いですし。
 そしてエクスバイン。まぁ、ヒュッケバインが出せない以上、形を変えて出すのが一番妥当ですよね。ボクサーやガンナーがあることから、性能的にはMk-Vと大差ない感じでしょうか?

 最後にインスペクター側の主要人物の顔見せをして終了。
 アギーハに突っ込んだら負け。ウェンドロがシュウの名前を出していたのが印象的でしたね。
 次回はアイビスの話。アステリオンの話でしょうか?

























<第09話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>