×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第04話「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」


 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第04話「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」の感想です。

 一人称が“ボク”だってさ。
 ノエル始まりすぎだろ……

 「ソラノヲト」第04話。カナタとノエル。それぞれの悩みから行き詰まっていた二人が、買い出しの途中に立ち寄った工房でスランプを脱するためのきっかけを掴む、という内容でした。

 前回に引き続き、今回も構成が上手でしたね。カナタとノエルの悩みから始まって、雑貨屋での伏線、工房での伏線の回収と、一話で綺麗に纏められていました。

 あとは雨上がりの空の下でカナタがラッパを吹くシーンがとても素晴らしかったです。
 空を流れて行く雲やカメラワーク、ラッパを吹く前の息を吸い込む描写など、盛り上げ方を心得ているなぁ、と画面を見ながらしきりに感心してしまいました。

 次回のあらすじを読むと、何だか急展開っぽい予感がするのですが……
 ちょっと楽しみになってきました。































<第05話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>