×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


侵略!イカ娘 第03話「怖くなイカ?/天敵じゃなイカ?/新入りじゃなイカ?」


 侵略!イカ娘 第03話「怖くなイカ?/天敵じゃなイカ?/新入りじゃなイカ?」の感想です。

 イカ娘のくせに面白かっただと!? ……ありえない。
 そんな餌に釣られ――イカーッ!

 怖くなイカ?
 TVの心霊特番を見ても「幽霊なんていないでゲソ」と怖がる様子のないイカ娘。どうにかしてイカ娘を怖がらせたい栄子は肝試しをすることに。
 イカ娘にはホタルイカの発光能力も備わっていた! 驚愕の新事実――まぁ、オープニングのカットで既に判明していましたけれど。
 暗闇の中で光を放つイカ娘を人魂と勘違いして逃げ出してしまう栄子達、一人取り残されてしまい返れなくなったイカ娘を海まで送り届けてあげたのは……という、ありがちなストーリーだったのですが、けっこう面白かったですね。会話のテンポが良かったせいでしょうか?

 天敵じゃなイカ?
 イカ娘の脳内ヒエラルキーではイカはサメ、シャチに次いで2番目に高い地位にいるようです。
 話の内容はシャチの形をしたゴムボートを本物だと勘違いして怯えるといったもの。イカちゃんは基本的にアホだと再認識させられるような話でしたね。
 あと、イカ娘は手足を一切使わずに、頭の触手だけで泳いでいたことが判明。触手を使わないと上手く泳げないイカ娘の姿が可愛かったですね。

 新入りじゃなイカ?
 海の家・れもんに新しく入ったバイト、渚。周りの人間がすっかりイカ娘に馴染んでいる中、彼女だけはイカ娘を侵略者として警戒している様子。
 渚の顔見せ回。あと、イカ娘の好物がエビであることが判明。
 自分を侵略者として扱ってくれる渚のことを気に入ったイカ娘。これから彼女達がどう絡んでいくかに期待です。


















<第04話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>