×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


侵略!イカ娘 第12話「戦わなイカ?/ピンチじゃなイカ?/もっとピンチじゃなイカ?」


 侵略!イカ娘 第12話「戦わなイカ?/ピンチじゃなイカ?/もっとピンチじゃなイカ?」の感想です。

 あぁ、終わってしまった。……二期やってくれないかなぁ。

 戦わなイカ?
 優勝商品の大型3Dテレビを手に入れるため、栄子とイカ娘がビーチバレーの大会に出場するといった話。
 原作だと悟郎、磯崎チームだけしか出てこないのですが、アニメではオールスターでしたね。渚と清美のタッグはさすがに無理があるような気がしましたが、清美はまだ相沢家の人達ぐらいしか面識がありませんものね。多少の無理は仕方がありません。
 能面ライダーHNの再登場と、原作とは違うオチだったのが予想外でした。商品が大型“3D”テレビだった時点で、原作の3D回と合わせてくると考えるべきでしたね。
 
 ピンチじゃなイカ?
 触手が動かなくなってしまったイカ娘。3バカの研究所で原因を調査したところ、地上生活に必要のない機能が“退化”したとのこと。イカとしてのアイデンティティーを失ってしまったイカ娘の運命やいかに?
 海へ帰ると言えば誰かが引き止めてくれるだろうと思ったら、誰も止めてくれませんでした、という展開はお約束。海へと帰っていくイカ娘の背中が哀愁漂っていて切なかったです。
 
 もっとピンチじゃなイカ?
 Bパートの続き。触手をばっさり切り落とし、口癖のゲソ喋りも封印して帰ってきたイカ娘。また栄子達と一緒にれもんで働くことになるものの……
 ショートのイカちゃんも可愛いなぁ……ではなくてっ! イカ娘にあるまじきシリアスな展開でしたね。触手復活のくだりなんか、何だか別のアニメを観ているような気分でした。
 そのまま感動的な展開で締め、と思いきや最後に落としてきましたね。ダイナシにも程がありますが、イカ娘らしいオチの付け方ということで。

 全体の感想としては、最初から最後まで楽しませてもらいました。ちょっと話に当たり外れがあるのが難ですが、トータルで見れば面白かったような、そうでもないような……
 まぁ、イカ娘が可愛かったということで。これだけは自信を持って言えますね、反論は認めません。
 あとは二期があるかどうかですが……あるといいなぁ。








<タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>