×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


閃光のナイトレイド 第08話「凍土の国で」


 閃光のナイトレイド 第08話「凍土の国で」の感想です。

 なんというサービス回www

公式サイトより
州事変の勃発からわずか半年。日本は中国東北部に満州国の建国を宣言する。しかし、世界のほとんどの国が満州国を独立国家とは認めようとせず、国際連盟はその実情を調べる為、リットン伯爵を長とする多国籍の調査団を満州国に送り込む。だが、その一行が忽然と姿を消すという事件が起こる。手口の大胆さから、それが高千穂勲の仕業によるものではないかと推測した桜井の命を受け、葵と葛は北へと向かう。

 リットン伯爵および調査団を拉致し、自らの手中に強力な爆弾を作り出す技術があることをアピールする高千穂勲。
 調査団との話し合いの中で、植民地の解放を口にしていることから、以前革命家達を相手に語った理想を現実のものにしようと動いているようです。
 勲が語る“欧米列強による植民地支配から解放”が真実となれば、いずれは関東軍が支配する満州国も排除するべき存在のはずです。
 物語の後半にかけて、彼が満州国を滅ぼそうと画策して、それを阻止するために桜井機関が動くという展開もありえますね。
 
 Bパート。何故か挿入される入浴シーン。しかも男率高め。
 サービスなのか? と苦笑いしているところに、テロップで流れる『パスワード・・・サービス』の文字。思わずふいてしまいました。

 謎の存在『預言者』が本格的に話に関与してくることに。
 どう見ても死んだ葵の恋人にしか見えないのですが――真相は次回に持ち越し。

 来週はついに雪菜と勲が再会するようです。
 一体、どのような会話が繰り広げられるか? 次回に期待ですね。















<第09話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>