×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


おとめ妖怪ざくろ 第13話「おわり、燦々と」


 おとめ妖怪ざくろ 第13話「おわり、燦々と」の感想です。

 あまりのリア充っぷりにもう何と言っていいやら……

 物語は前回のラストの続き、百禄の案内で総角達が神がかりの里へと向かうところから。
 まさか橙があんなことになるとは思いもしませんでした。姉である百禄との確執を描いたり、説得して和解するみたいな展開だと想像していたのですが、まさか死んでしまうとは。
 もう少し見せ様があっただけに惜しいものを感じてしまいますが、まぁ尺の都合ですかね。

 続いて乱杭戦。
 さすがに最終回だけあって動きのある戦闘シーンでした。ですが、ざくろが覚醒してから決着までの時間が短すぎるのが何とも。戦闘にそれほど比重を置かないアニメだと言ってしまえばそれまでですが、ざくろの勇姿を見るのが好きだった自分としては物足りないですね。
 
 神がかりの里の件が片付いたことで、妖人省は解散することに。
 三者三様の別れの場面。Bパートは最初から最後までニヤニヤしっぱなしな展開でしたね。リア充爆発しろと何度心中でツッコミをいれたことかw
 妖人省が解散して離れ離れに――と思わせておいて、また再結成というパターンはお約束。さすがに原作に追いついて(追い抜いて?)しまったので、二期をやるとしても時間が必要でしょうけれど。
 
 感想としてはストーリー、キャラクターともに良く出来たアニメでした。特にキャラクターの魅力が素晴らしかったです。欲を言えば、ざくろと総角だけでなく他の二組のエピソードをもっと見たかったのですが、1クールアニメにそこまで期待するのは酷ですかね。
 原作がまだ連載中とのことなので、機会があれば読んでみるとしましょうか。


















<タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>