×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


レベルE 第05話「Here come Color ranger!!」


 レベルE 第05話「Here come Color ranger!!」の感想です。

 原作はもっと毒気があったような気がする。

公式サイトより
小学5年生の仲良し5人組、清水・横田・赤川・百池・黛。
いつもの下校途中、突如現れた変な宇宙人に全員さらわれてしまう。
彼は地球の平和を守るためにやってきたドグラ星の王子だった。
清水達は特別な力を与えられ、地球を守る正義の戦士へと生まれ変わる。
その名も「原色戦隊・カラーレンジャー!!」
しかし正義の戦士など全くやる気がない清水達・・・・・・。
ところが、カラーレンジャーの力により、偶然にも立花先生が宇宙人で、しかも凄腕の殺し屋である事を知ってしまう。
原色戦隊カラーレンジャーの熱き戦いが遂に幕を開ける!!
行け!カラーレンジャー!! 戦え!カラーレンジャー!!


 いよいよカラーレンジャー編がスタートした訳ですが……ちょっとイマイチな感じでしたね。台詞のカットや改変と、演出のクドさが面白さを殺いでしまっていたような気がします。
 台詞に関しては古い作品ですし、そのままやるとクレームが付く怖れがあるので致し方ないと納得できますが、演出面――見せ方やテンポにはもう少し力を入れて欲しかったですね。
 
 勿論、悪いところばかりではなく、良いところもありました。
 王子のウザさや赤川のハイテンションぶり、そして立花先生あたりは動きや声が入ったおかげで、キャラクターが強調されていましたね。
 特に王子のウザさといったらもうw 回を重ねるごとにウザくなっていますね。次回もノリノリで悪ふざけをしそうな感じですし、クラフトがぶち切れる様がありありと想像できます。

 個人的にはカラーレンジャー編は次回が本番だと考えているので、まだまだこれからですね。
 次回はよほど下手なことをしない限りは面白い内容になる筈です。









<第06話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>