×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


レベルE 第02話「Run after the man」


 レベルE 第02話「Run after the man」の感想です。

 やはりレベルEは面白い。

 記憶喪失の青年の正体かと思われた映像はただのペットでした。
 何と言う肩透かしなオチ。これからシリアスな展開になるのか?と期待していた方々をどん底に叩き落すような下らなさでしたね。
 結局、記憶喪失の青年の正体はわからぬまま。この辺りまでくると、どうせ下らないオチなんだろうな、と思う方が大半でしょうけれど。

 記憶喪失の青年を追ってやって来た三人組の宇宙人達。
 クラフト、サド、コリンの三人組がついに登場。クラフトのキレっぷりがアニメでも健在で何より。声優が子安武人氏というのも良いチョイスです。
 それにしても、山形県が好戦的な宇宙人“ディクスン星人”のテリトリーと化しているとは……ディクスン星人以外にも多数の宇宙人が地球に潜伏しているとのことですし、レベルEの世界の地球は凄いことになっていそうですね。
 
 追われているにも関わらず、部屋から外に出て行った青年を捜して街を歩く雪隆と美歩。
 喫茶店で青年を発見してからの流れが面白かったですね。第01話では普通の人だった雪隆や美歩までもが変な方向に……明らかに青年のペースに振り回されていますね。
 良い事をした→死体の流れには、原作でオチを知っていたにも関わらず笑ってしまいました。
 
 雪隆、美歩、記憶喪失の青年とクラフト達が遭遇。とうとう青年の正体が明らかに。
 記憶喪失の青年はドグラ星の王子でしたとさ。まぁ、第01話のEDや公式サイトで“王子”と表記されている時点で今更ですね。
 王子が殺してしまったチンピラが、ディクスン星人だと判明したところで次回へ続く。
 
 死体の目が動いたところで“続く”だなんて、良いところで切りますね。
 次回はどうなることやら? 楽しみです。












<第03話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>