×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


けんぷファー 第04話「Kriegserklarung 〜戦う乙女たち〜」


 けんぷファー 第04話「Kriegserklarung 〜戦う乙女たち〜」の感想です。

 何という嘘予告! 何というキャラソン販促回!

 第04話の感想ですが、えーと、赤のケンプファーの葛原さんは予告だけ?
 原作だと真面目に戦ったりするのでしょうか? 謎です。

 まぁ、予告の話は置いておいて。今回の見どころはナツルのスルーっぷりですね。
 雫や紅音の発言をあっさりと受け流すその姿勢は思わず“ナツルさん”と呼んでしまうほどの見事さです。
 鈍感を通り越してヤバイですね。何だか、そのうちに刺されそうです。

 あとはカラオケでしょうか。
 ナツルと紅音の二人で買い物に行ったところで偶然にも雫と出会い、その雫に呼ばれて楓が合流するという、なんとも不自然な展開だったのですが……要はキャラソンの販促でした。
 製作側の苦労が窺えますね。ちなみにキャラクターソングアルバムは12/23日発売予定だそうです。

 何だか当初のバトル要素がどこかに行ってしまった感のある「けんぷファー」ですが、これはこれで意外と面白いです。
 次回はミスコン? もう予告のナレーションはあてにしませんとも。ええ。

























<第05話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>