×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


けんぷファー 第12話「Weihnachten 〜臓物たちの奇跡〜」


 けんぷファー 第12話「Weihnachten 〜臓物たちの奇跡〜」の感想です。

 言葉に窮するを地でいくアニメだなぁ、本当。
 昔のしずかちゃんみたいな声のナツルを見ているとこう、もやもやっとした気分になりますね。

 今回は番外編。ナツル達ケンプファーと、ハラキリトラ達臓物アニマルの中身が入れ替わってしまうという、いかにも番外編な内容でした。
 話の展開の方も馬鹿っぽいノリと視聴サービスに終始した作りでしたね。意外だったのは、本編ではいつの間にか忘れ去られていたクラスメイト達に出番があったことぐらいでしょうか。

 個人的には、臓物アニマルになってしまったナツル達のシーンをもっと見たかったですね。
 フ●ンドパークネタ以降の楓、生きてるって素晴らしいの繰り返しあたりのシーンは削っても良かったような気がします。

 投げっぱなしなオチに関しては番外編ですしね。どこのアニメもこんなものです。
 本編の方も投げっぱなしな点に関しては、二期で何とかしてくれるはず。
 ……ありますかね? 二期。





























<タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>