×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

刀語 第12話「炎刀・銃」


 刀語 第12話「炎刀・銃」の感想です。

 あっという間の一年。
 西尾維新の作品にしては、きっちり纏めてあるところが刀語の良いところ。

 いよいよ最終話。物語は前回のラストの続き、とがめが炎刀・銃で撃たれたところから。
 とがめと七花の別れのシーン。とがめがもう自分は助からないことを悟り、わざと七花を突き放すような物言いをして、「これからは七花の好きなように生きろ」との言葉を遺して逝く場面なのですが、随分と長く尺を取っていましたね。
 それでも、とがめに絡みつく白蛇や彼女の表情の変化など、映像ならでは演出は素晴らしかったです。

 死に場所を求めて、尾張の城へ単身で乗り込む七花。
 ここからの七花の声優さんの演技が神がかっていましたね。今までの七花とは一線を画したしゃべり方で、視聴していてゾクゾクしっぱなしでした。
 今まで集めてきた十一本の刀を次々と破壊してゆく展開はある意味、痛々しいシーンなのですが、相手が雑魚すぎて逆に笑ってしまいましたね。誠刀・銓はあまりにもひどいw

 十二本目の刀「炎刀・銃」の所有者、左右田右衛門左衛門との対決。
 最後の戦いだけあって壮絶極まりない死闘でしたね。最初から最後まで動く動く。特にラストの七花八裂・改が凄かったですね。今までの七花八裂の演出が微妙にしょぼかったのは、このラストのために温存していたんじゃないか?と勘ぐってしまうくらいの格好良さでした。

 エピローグ。
 結局、誰の目的も果たされることなく終わるという、勝者のいない物語だったのですが、“人は生きて死ぬものだ”というのがテーマですからね。
 “結果はどうであれ、登場人物それぞれの生き様を描いた。”という点で見れば、こういった終わり方もありなのではないでしょうか。

 一年の間続いた物語もこれで終幕。原作の時も感じたことですが、終わってしまうと寂しいものがありますね。
 こういった一年通した企画というのは難しいものですが、個人的にはとても面白い試みだと思うので、西尾維新作品に限らずまた何かやってほしいですね。








<タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>