×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


けいおん!! 第26話「訪問!」


 けいおん!! 番外編「訪問!」の感想です。

 ちょっと蛇足な感じのする回でした。
 劇場版……劇場版かぁ。一体、これ以上何をやるというのか?

 幾つかのネタを繋いで一話分でっちあげたような感じのする内容でした。個々の流れが強引というか、イマイチというか、ぶっちゃけ卒業写真のネタを使い回している時点でネタ切れ感が半端ないですね。
 卒業写真ネタはもう良いとして、さわ子先生の家にお見舞いに行く話も微妙でした。小ネタを振るだけ振っておいて、オチを付けずにそのまま帰るのはいかがなものかと思いましたね。今更卒業アルバムに載せる写真の回想を入れたり、皆で夕陽を眺めるような演出をやってどうなるのさ?と。
 
 穿った見かたですが、今回の番外編は劇場版へのネタ振りでしょうね。
 さわ子先生の「軽音部は大丈夫」という発言や、梓達二年生トリオが新歓ライブの練習をしているくだりなんかは、いかにも「まだまだ続きます」と言っているようなものですしね。
 
 全体的な感想としては、2クールはやはり中だるみが避けられないですね。分母が増えるとどうしても微妙な回の割合が多くなってしまうような気がします。
 個人的には梓が夢を見る回は神。あとは、夏フェス、お茶会、律ムギ、学園祭ライブが面白かったと言えるレベルですかね。「お前は紬と梓が好きなだけだろ」という突っ込みは甘んじて受ける所存です。はい。
 
 そしてまさかの劇場版。
 個人的には、梓が部長を務める軽音部が見たいですね。新入部員に期待。




















<第27話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>