×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


DOG DAYS 第01話「勇者誕生!」


 DOG DAYS 第01話「勇者誕生!」の感想です。

 アスレチックっておい……w

 始まりは王道的なファンタジー。国同士が争っていて、劣勢に追い込まれている方の国が異世界の“勇者”を召喚して助力を請うといった流れ。
 声優陣の豪華さに驚きましたw よくもまぁ、これだけ有名どころを揃えたものですね。
 タッチがタッチなせいか、シリアスな展開が合ってないかなぁという感じでしたが、まだ始まったばかりですしね。そのうちに慣れるでしょう。

 場面変わって現代世界へ。主人公のシンク・イズミはアスレチック好きという設定。
 友人(幼なじみ?)のレベッカ(ベッキー)と一緒に登校する場面〜終業式を終え、下校しようとしたところで、怪しげな犬の手により異世界へ。
 アスレチックとはまた斜め上な設定だなぁ〜と苦笑してしまいました。主人公が高い身体能力を持つ裏づけとして武術やスポーツやっているなんて設定はよくあるものの、さすがにこれはw
 この後にシンクが異世界に召喚されてしまう以上、ベッキーの出番はこれで終わりでしょうか? いやいや。まさかね……
 
 異世界“フロニャルド”へと召喚されたシンクは、自らを召喚したビスコッティ共和国の女王、ミルヒオーレと出会う。
 彼女から詳しい話を聞こうとしたところで、隣国ガレットとの「戦」が始まってしまう。シンクとミルヒオーレは急いで城へと戻ることに。
 戦の描写に( ゚д゚)ポカーンしてしまいましたw アスレチックッ!? 実況&解説者ってっ!? 死人の出ない茶番戦争じゃねーかっ!?
 何と言いいますか、今までシリアスな内容だと思っていただけにショックでしたね。この時点でギャグ、もしくは登場人物に萌えるアニメと認識を改めることに。
 
 勇者の格好に着替えたシンクが戦場に姿を現したところで次回に続く。
 このままスポーツライクな戦争で話を引っ張っていくつもりでしょうか? それだとちょっと厳しいような……
 まぁ、まだ始まったばかりですしね。これからに期待するとしましょう。

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]











<第02話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>