×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


化物語 第12話「つばさキャット 其ノ貮」


 化物語 第12話「つばさキャット 其ノ貮」の感想です。

 最初から最後まで暦とひたぎがイチャついているだけでした。
 今回でTV放送は終了なのでひたぎを出してくるとは思っていましたが、これは凄い。

 しかし、1話まるごと“ひたぎ蕩れ”で来るとは……ここ3週ほどひたぎの出番が皆無だった反動でしょうかね。
 そして相変わらずのツンデレっぷり。翼が好きな身としては複雑な心境ですが、やっぱり“蕩れ”ますね。あらためて西尾維新のキャラ作りの巧みさを痛感させられます。

 今回は言うまでもなく、ラストのひたぎが素晴らしいですね。
 普段の毒舌、暴言から一転して健気さを表に出してくるという、典型的な“ギャップ萌え”なのですが、それでも釣られてしまうだけの魅力が彼女にはあると思います。
 正直、このエピソードをやられたら「つばさキャット」とかどうでも良くなるよなぁ……「これで終わりでいいのでは?」と言われても仕方がないくらい良い出来でした。

 今回でTV放送は最終回。残りの3話はWebで配信されるとのこと。
 いつになるかは現状では不明ですが、出来る限り早い配信を期待するところです。




























<第13話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>