×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


化物語 第01話「ひたぎクラブ 其ノ壹」


 化物語 第01話「ひたぎクラブ 其ノ壹」の感想です。

 シャフトっぽい演出だなぁ、と見てたらタイトルに“監督:新房昭之”という文字が。
 化物語で監督が新房昭之。この時点で大方の予想がついてしまいました。
 実を言うと、シャフト信者なんですよね……僕。

 以下、適当に感想。

その1・演出
 
 「ぱにぽに」「ef」「ひだまり」「夏のあらし!」「絶望先生」といった近年の新房作品に見られる演出が「化物語」でも“これでもか”と言わんばかり溢れていましたね。
 歪な構図、極端な色彩、一瞬だけ映し出される文字の羅列。適当に流して見ているだけでも、精神的に不安定にさせられます。
 「またいつもの新房か」という意見もあるでしょうが、個人的には超好みです。

その2・戦場ヶ原ひたぎ

 さすがにこれは引くだろ……って感じのサドッ気全開なヒロインでしたね。
 本人曰く「ツンデレ」ですが、どう見ても暦の言うとおり「ツンドラ」です。
 いいぞ、もっとやれ!
 この手の性格が悪いヒロインは大好きです。

 でも、アニメだとあんまり可愛く見えな――おや? 誰か来たようだ。

 全体的な印象としては、ホラーやミステリーが好きじゃない人には受け付けない感じでした。
 原作を読んでいないと“何が何だか”な上に、登場するキャラクター達も“痛々しい”ですし。
 「これ」と「うみねこ」、どっちが受けるんだろう?
 別に優劣をつけるつもりはないのですが、何となくそんなことを思ってしまいました。















<第02話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>