×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


バカとテストと召喚獣OVA 「バカとテストと召喚獣 〜祭〜 上巻」


 バカとテストと召喚獣「バカとテストと召喚獣 〜祭〜 上巻」の感想です。

 文月学園の学園祭一日目。
 学園祭の出し物決めから始まり、学園祭当日、そして二日目に続くといった構成。
 
 まずは出し物決めから。
 他のクラスが学園祭の準備を進める中、Fクラスだけ野球をしているのには笑いました。
 OVAなので全編ギャグ話なのかと思いきや、学園祭で利益を上げてクラスの設備を整えなければ姫

路さんが転校してしまうかもしれない、といったシリアスな展開も混ぜてきましたね。

 学園祭当日。Fクラスの出し物は美波の提案による中華喫茶。
 姫路さん、美波、秀吉とヒロイン達のウェイトレス姿が見られる素晴らしいチョイス。ムッツリーニ

提案の写真館、姫路さん提案のウェディング喫茶も見たくはありましたが。
 
 ウェイトレス効果で順調に売上げを伸ばしていると、難癖をつけてくる三年生二人組み“常夏コンビ

”が登場。
 登場時からして三下臭が漂う二人でしたね。ステレオタイプすぎて何だかなぁという感じでした。
 個人的には、常夏コンビとのドタバタ劇を引っ張りすぎていたように感じました。雄二の物理的な交

渉、明久の女装ネタまでは面白かったのですが、最後のオチが弱かったのが惜しかったですね。
 
 中華喫茶は大成功を収めたものの学園祭の売上げで設備を購入するには、二日目に行われる試験召喚

大会に優勝しなければならないとのこと。
 二人一組チーム戦とのことなので、Fクラスからも何人か大会に参加しそうですね。
 明久はやはり雄二と組むのでしょうか?












<OVA下巻へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>