×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


青い花 第04話「青春は美わし」


 青い花 第04話「青春は美わし」の感想です。

 おさげにしたふみちゃんは可愛い。
 なんて言ってる場合じゃありませんでしたね。今回は意外と深刻な話でした。

 以下、気になった点を。

その1・あーちゃんはいい人ですね

 人に自分の醜いところを曝け出すのは怖い。
 けれど、大切な人には自分のことを知って、理解してほしい。

 Aパートのラスト、ふみちゃんがあーちゃんに杉本先輩と付き合っていることを打ち明けるシーンが印象的でした。
 特にテーブルに突っ伏したふみちゃんのおさげを、あーちゃんが手にとっていじるところが素晴らしかったです。
 ああいったさりげないところに、あーちゃんの優しさが感じられます。

 女の人が好きだと言うふみちゃんの告白に、「自分はどうしたらいい?」と真面目に向き合うところに、あーちゃんの良い人っぷりが集約されていますね。
 「そのままでいい」というふみちゃんの返答もそれに拍車を掛けています。

その2・杉本先輩

 断片的にですが、杉本先輩の心情や過去が明らかになってきましたね。
 藤が谷の演劇部顧問を務める各務先生とのやり取りから察するに、杉本先輩は先生のことが好きだった様子です。彼女が藤が谷女学院を去ったのも、そこに原因があるのでしょう。

 男性に恋愛感情を抱いているのなら、何故、先輩はふみと付き合っているのか?
 杉本先輩の過去が原因で、ふみちゃんとの間にひと波乱起こりそうな予感がしますね。
 今回のラストがまさに、それを予感させる演出でした。
















<第05話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>