×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Angel Beats! 第11話「Change the World」


 Angel Beats! 第11話「Change the World」の感想です。

 高松とは何だったのか?
 正直、この状況から綺麗に終わらせられたら神だと思う。

 突如出現した謎の影。
 あまりにも唐突過ぎて、視聴している側としては( ゚д゚)ポカーンといった感じなのですが、それは登場人物たちも同じ様子。天使なら何か知っているのでは? ということで、ゆりは天使を呼び出して影について訊ねてみることに。
 天使の発言に対して突っ込みを入れるゆり。それを直井がフォローするという図式が面白かったですね。直井の無茶苦茶な言い訳と、そのくせ妙に得意げな表情にふいてしまいました。

 大量に出現した影と戦う戦線メンバー+天使。
 戦闘シーン動き過ぎです。珍しく活躍していたTKと野田、そして未だに出番が回ってこない藤巻。藤巻の扱いの悪さは何なのでしょうね? 製作側のネタでしょうか?

 影に喰われると魂を失ってNPC化するとのこと。
 “影の発生は何者かが組んだプログラムによるものだ”と、多少強引ながらもラスボスの存在をほのめかしたのは良い判断ですね。ラストダンジョンとしてギルドを持ってくるのも、戦線メンバーの見せ場を作るという意味では悪くないかと。
 あとはどう決着をつけるかでしょうか? この辺りは黒幕の正体と動機次第ですね。

 戦線メンバーの成仏、ギルド突破、黒幕の正体と動機、この世界とは何なのか、といった具合にやるべきことが多過ぎるのが不安ですね。
 消化しきれずに終わるのか、それとも強引に纏めてしまうのか? 難しいところですね。























<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>